日本の医療サービス・医師の中国・海外進出支援

今すぐお問い合わせ

最新情報

INFORMATION

2021.04.26お知らせ

Medomics社製「新型コロナウイルス中和抗体検査キット」初回限定お試し価格1,100円/キットで提供

Medomics社(中国・江蘇省南京市)の国内唯一の正規販売代理店として、同社が開発し、本年1月にCEマーク(EU加盟国基準適合)を取得した「新型コロナウイルス中和抗体検査キット(LFIA)」(以下、本製品)を販売するメディカルエクスポート合同会社(本社:東京都調布市)は、初回に限り、本製品を1,100円(税込み)/キットのお試し価格で提供いたします。(医師お一人様20キット/1箱限り)

医療従事者向けに新型コロナウイルスのワクチン接種が本格化される中、感度98.52%・特異度99.50%という高精度な中和抗体検査キットを、研究用試薬として医療機関向けに低価格で提供することで、日本におけるワクチンの有効性評価と、感染症回復患者様の中和抗体保有確認調査に貢献していきます。

Medomics社製「新型コロナウイルス中和抗体検査キット」特設ページはこちら

Medomix社製「新型コロナウイルス中和抗体検査キット(LFIA)」

 

新型コロナウイルス(SARS-Cov-2)は、ウイルスの表面にあるスパイクタンパク質がヒトの細胞膜上のACE2タンパク質と結合する事をきっかけに細胞への侵入を開始します。そして、SARS-CoV-2のスパイクタンパク質に結合し、ACE2との結合を阻害する作用を持つ抗体は「中和抗体」と呼ばれ、一般的な抗体とは異なります。(※1)

現在医療従事者向けに接種が開始された新型コロナウイルスのワクチンは、接種によりスパイクタンパク質に対する中和抗体産生及び細胞性免疫応答が誘導されることからSARS-CoV-2の感染予防効果が期待されており(※2)、「中和抗体」の有無を検査することでワクチンの有効性の評価を行うことが可能になります。

新型コロナウイルスの侵入経路と中和抗体の働き

 

本製品は、イムノクロマトグラフィー法により、10~15μlのごく少量の血清、血漿、全血検体(毛細血管血または静脈血)を用いて「中和抗体」の有無を15~20分で検査する簡易検査キットです。検体を検査カセットの検体ウェルに適量滴下し、専用の緩衝液2滴を加えると、検体が毛細管現象により検査紙に沿って移動します。検体に中和抗体が含まれている場合は、抗体と金コロイド標識した組換えSARS-CoV-2タンパク質NTD/RBDとが再結合し、膜に固定された抗体が免疫複合体を捕捉し、赤色のTラインが生じます(中和抗体陽性)。

本製品の臨床試験では、中和検査陽性検体135例および中和検査陰性検体200例の計335例に対して評価が行われ、感度98.52%(95%CI:94.75~99.82%)、特異度:99.50%(95%CI:97.25~99.99%)という高い検査精度が確認されました。

中和抗体検査結果

 

Medomics社製新型コロナウイルス中和抗体検査キット臨床試験データ

 

当社は本年3月1日に、Medomics社より日本における正規販売代理店の認証を取得し、研究用試薬として医療機関向けに本製品の販売を開始。販売単価はキット数に応じて1,430円~1,650円/キット(税込み・送料込み)と低価格に設定していますが、医療従事者向けにワクチン接種が本格化する中で医師自らワクチンの有効性評価を実施いただけるよう、初回に限り、医師お一人様につき20キット/1箱限定で1,100円/キットのお試し価格で本製品をご提供いたします。

新型コロナウイルスのワクチン接種が本格化する中、高精度な本製品を、研究用試薬として医療機関向けに低価格で提供することで、日本におけるワクチンの有効性評価と、感染症回復患者様の中和抗体保有確認調査に貢献していきます。

正規販売代理店認定証

 

※1 出典:慶應義塾大学医学部報道発表資料(2020年9月30日付け)
※2 出典:厚生労働省HP「ファイザー社の新型コロナワクチンについて」

一覧に戻る